• ホーム
  • 自分の肥満率を知ってダイエットをスタートさせよう

自分の肥満率を知ってダイエットをスタートさせよう

2019年11月04日
体重計に乗っている女性

自分の体重の肥満率を知っておくのは、健康な体重を維持するためにも大切なことです。
標準の体重と現在の体重がどれだけ差があるかを計算して、標準の体重で割り算をして、そこに100の数字をかけて算出するのが、肥満率の数値になります。
肥満率を知るとき、例えば70kgの体重の人であれば、最終的に100をかければ、肥満率の数字は9%ということになります。

例えばアメリカにおいても肥満率はとても高いものですが、日本国内においても肥満率は人ごととは言えません。
肥満は生活習慣病ともつながりますから、自分がどれほどの肥満率であるのかを、しっかりと知って、適切なダイエットをスタートさせる必要があります。
年代的に見ると、肥満お数値の高さは、男性では40代がとても多くなっています。
その次に多いのは50代という、働き盛りの年齢層に肥満は高まっています。
仕事の忙しさにかまけて、食事の栄養面は後回しになりがちな時です。
年齢的にも、基礎代謝が低下し始めている時なので、食べれば身につくようにもなっていきます。
カロリーオーバーの食事は控えて、運動を取り入れていくことが大事になってきます。

女性の場合、産後に太ってしまうケースがあります。
産後のダイエット方法としては、産後ひと月くらいでスタートする人が多いです。
その方法は、王道とも言える、食事と運動を組み合わせる方法が一般的です。
妊娠しているあいだは、体内のホルモンバランスが変化するため、とても太りやすい体質です。
しかし出産を終えたら、正しいダイエットの産後方法で、体重を落としていく人は多いです。
出産後は、体重が落としやすい時期でもあるので、そのタイミングを逃さないように、食事制限をしたり、エクササイズをしたりと痩せる習慣を取り入れていきます。